新着情報

コルポ整骨院ニュースレター 【2020年5月】

コルポ新聞

入梅前に家のカビ対策をしよう!
風薫る五月。緑は深まり草木は色鮮やかに咲き誇る季節となりました。
この時期にやっておくと良いのがカビの大掃除!
「せっかくの季節なのに掃除なんて…」という声も聞こえてきそうですが、五月以降は気温や湿度が高くなりカビが繁殖しやすくなります。
カビは食品を腐敗させるだけでなく、咳や発熱、肺炎などの症状を引き起こす原因になるため、梅雨に入る前にカビの発生を抑えておきたいものです。

 

カビによるさまざまな病気
カビ(真菌)は私たちが生活しているどんな場所にも発生します。
その種類は生活に欠かせない有益なものから健康被害をもたらすものまで多種多様。
といっても元気な身体なら特に問題になることはありません。
しかし、免疫力が落ちている人がカビを大量に吸いこむと、さまざまな症状を引き起こします。
たとえば、肺にカビが生えてしまう「気管支肺アスペルギルス症」があります。
アレルギー性鼻炎、結膜炎、気管支喘息も花粉やダニばかりでなくカビが原因の場合があります。
夏場に多い夏型過敏性肺炎(夏型肺炎)は細菌やウイルスではなく、ホコリにまぎれているトリコスポロンというカビによって起こります。
ほかにも副鼻腔炎、酵母カビの一種によるカンジタ症など数々あります。

 

今日からできるカビ対策
予防策としては、やはり、こまめな換気と掃除によるカビの除去が一番。
そして、日頃から免疫力を高めておくことも大切です。カビ(真菌)による感染症は、免疫力や抵抗力が低下していると重症化しやすくなります。
免疫力を高めるには、よく寝て、食事はよく噛んで腹八分目、散歩や適度な運動をすることが基本です。
また、鍼灸療法は免疫力を高め、自然治癒力を引き出す効果があることが報告されているのでおすすめです。

 

コルポ整骨院 https://www.corpo-seikotsuin.com
〒206-0824 東京都稲城市若華台2-1-1 フレスポ若葉台EAST 3F
TEL  042-350-3470