新着情報

カテゴリー

コルポ整骨院ニュースレター 【2019年07月】

コルポ新聞

いよいよ本格的な夏!熱中症の対策を! 夏は海や山遊びが楽しみな季節ですね。
でも、この時期気をつけて欲しいのが熱中症。梅雨明けの蒸し暑さや、急に気温が高くなる日などは要注意です。暑い日の外出は控える、こまめに水分を摂る、適切に冷房を利用する などで対策しましょう。
また、普段から 規則正しい生活で体調を整え、適度な運動で 汗をかく習慣を身につけておきましょう。

猛暑日に外出する時の注意

昨年の夏は、全国的に猛暑日が続いたことで夏バテする人も少なくありませんでした。
気象庁が発表している2019年の6~8月の平均気温は、全国的に『ほぼ平年並み』 と予想されており、35℃を超える猛暑日は昨年に比べ少なくなる見込みです。 猛暑日は1日の最高気温が35℃以上の日を言い、最高気温が30℃以上の場合は 真夏日と言います。真夏日以上はできるだけ外出を控え、外出の際は、水や タオル、日傘を必ず持ち、熱中症に十分注意しましょう。

猛暑日の具体的な対策

1 体を締めつけない服装にする
暑い南国で着るアロハやムームーのように体を締め付けず、体と服の間に空気が 流れる服装がお勧め。素材は綿の軽いものが良いでしょう。

2 日傘を使う
暑さ指数(WBGT)の低減に効果がある日傘。今年は環境省も活用を呼びかけています。暑さ対策には遮光率、日焼け対策にはUVカット率の高いものを選ぶと良いでしょう。

3 衣服、帽子、タオルを濡らす
衣類などを水に濡らして体を冷やす方法があります。衣類のの水分を蒸発させて体を 冷やせば汗をたくさんかかずに済みます。

4 なるべく日陰を歩く
できるだけ日陰で行動します。定期的に日陰で涼み、自分の体温が上がっていると感じたら、動く前に日陰で休みましょう。

5 水と塩分を補給する
たくさんの水と少しの塩分を摂取して電解質を補いましょう。アルコール、カフェイン、 炭酸などは水のように早く吸収できません。
十分な量の水を飲んでください。

6 小型の持ち歩き扇風機は使わない
FEMA(米連邦緊急事態管理局)は屋外で気温が35度以上の場合、扇風機の使用を推奨 していません。扇風機は風を送り、人体に間違った快適さを感じさせますが、実際に 体温は下がらないと説明しています。また、汗の蒸発が起こらず、肌が乾燥します。

 

コルポ整骨院 https://www.corpo-seikotsuin.com
〒206-0824 東京都稲城市若華台2-1-1 フレスポ若葉台EAST 3F
TEL  042-350-3470